About Us

JPSはプロジェクトマネジメントのプロフェッショナル集団です。

JPSは日本中のあらゆる業種・業界の企業に向けたプロジェクトマネジメントサービスを提供しています。技術の進歩やビジネスモデルの変化に伴い、単にプロジェクトマネジメントができればよいということではなく、クライアントの文化や価値観、習慣などを深く理解すること、またマインドセットやコミュニケーション能力が必要不可欠です。JPSのプロジェクトマネージャーが、価値あるプロジェクトマネジメントのご支援をいたします。

Our Services


Management

豊富なプロジェクト実績と知見を活用したハンズオン型の支援

Organization/HR

クライアント企業の持続的かつ自律的なプロジェクト推進体制の構築

Governance

複雑度と難易度が増すプロジェクトマネジメントを、クライアント企業の組織や文化を勘案した最適化モデルに改革

DX Support

経営戦略、IT戦略の整合性を維持し、経営、業務部門、IT部門の目的意識を統一するためのプロジェクト計画作り、短期間で成果につなげる小さな範囲から始めるフェーズドアプローチの実践

JPS Style


適応型マネジメント

適応型マネジメント

三現主義に基づき、実際に『現場』へ行き『現物』を確認し『現実』を認識した上で、机上の空論ではない問題解決を実行します。

学習と改善を織り込んだ高速回転するPDCAプロセスループを実現します。

アジリティ(俊敏性)マネジメント

現場で発生する事態をあらかじめ想定し備え、プロアクティブな活動を行い、組織の生み出すバリューを高め、リスクの軽減を図ります。

作業の「ムリ」「ムラ」をなくし平準化を実現し、プロジェクトのあらゆる局面に、迅速に対応します

アジリティ(俊敏性)マネジメント

自律的組織マネジメント

自律的組織マネジメント

役割に限定しないフレキシブルな協力関係を醸成し自ら学習改善するチームを組成します。

チームの知識と経験を集合知として、プロジェクトマネジメントの標準化と見える化を行い、現場の状況に応じ、自発的に最適な活動を行います。

News


  • 新しい規定を作るより新しい慣習を作ることが難しい①
    プロジェクトマネジメントの専門会社 – JPS

    JPSでは複数プロジェクトを横断的に管理するための『標準化』をご支援する機会が多くあります。大きなプロジェクトの中で、顧客や元となるシステムは同じでも性質の違うもの等 複数プロジェクトが走ることは多々あるかと思います。

    大きなプロジェクトの中に小さなプロジェクトがそれぞれ走っていることがあります。

    そういった複数プロジェクトを管理・統帥していくことには、いくつかクリアすべき項目があります。例えば、Aプロジェクトではタスクに着手したら進捗管理表には50%と記入、Bプロジェクトではタスクの進行度に合わせ主観で25%・50%・75%と記入しているとします。時間が経つにつれて、Aは完了するまでずっと50%ですが、Bは完了するまで段階的に上がっていきます。

    一見、Bのやり方は進み具合が可視化され、管理側としては任せて良いように感じます。が、実際には主観で記入しているので、75%タスクが完了している根拠は非常に危ういのです。

    Bプロジェクト所属のPさんはお客様と内容確認し自分で資料を作成するまでを75%としていますが、Mさんは自分で資料を作成し上司の確認を経て打合せの日程調整完了まで行って75%と報告しているとします。

    この場合、PさんとMさんは同じ75%のタスク完了度としても後続対応に差が出てしまいますよね。もし期日が2日後に迫っているとしたら、どうでしょうか。Pさんは上司の確認を経てお客様と打合せの日程を調整しなければいけないのです。いやー、なかなか大変な状況ではないでしょうか。

    こういった事態を防ぐため必要なのは標準化の考え方です。複数あるプロジェクトの基準を明確化し合わせていくのです。

    すべてのプロジェクトで同じひな形、同じ入力規則と決めていれば、どのタイミングでアラートを察知すれば良いかわかりますよね。

    ひとつひとつの管理方法を統一していくことが大切です。

    とはいえ、どの企業、プロジェクトでもやったほうが良いとは頭でわかっているけれどなかなか着手できない、とよく伺う領域です。

    どうせなら経験豊富で様々な業界へプロジェクトマネジメントを提供しているプロジェクトマネジメントの専門会社に一度任せてみませんか。

    JPSは机上の空論で分析・提案するのではなく、貴社の現場に入り込んだうえでの導入支援をして参ります。

    まずは下記から多数のプロジェクト標準化実績を問い合わせてみてください。

    次回は、規定を整備したうえでぶつかる次の課題についてお話します!

  • 新年のご挨拶
    プロジェクトマネジメントの専門会社 – JPS

    【謹賀新年】 
    平素より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 
    本年もスタッフ一同、プロジェクトマネジメントの専門会社として皆様へのご支援を心がけてまいる所存でございます。
    昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。 
    新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げ、年頭のご挨拶とさせて頂きます。

    〒103-0006

    東京都中央区日本橋富沢町6-4 3F PROXIA GROUP

    日本プロジェクトソリューションズ株式会社

  • プロジェクトマネジメントの専門会社に任せるメリット
    プロジェクトマネジメントの専門会社に任せるメリットとは? – JPS

    JPSはプロジェクトマネジメントの専門会社です。JPS-PMOではIT領域に特化したPM/PMO実行支援サービスを提供しておりますが、実はシステムエンジニア(SE)と呼ばれる要員は一切在籍しておりません。

    つまり、経営陣含む全員がPMもしくはPMOとしてお客様先の業務を担うことができるのです。(これ言うとよく驚かれます!)

    開発工程を一貫してご支援することができる企業も多い中、なぜPM/PMOだけを切り取ってサービスをご提供しているか。それは、「開発の現場でプロジェクトマネジメントを体系的に理解し実践できるPMOがいない」という需要があるからに他なりません。

    IT業界では、PG→SE→PL→PMO→PMと年次とともにキャリアを積まれる方が多いかと思います。が、一定の割合でモノつづりのSEを極めたいという方がいることも事実。そういった方が社歴の長さ、年齢、経験豊富といった側面だけでPMOやPMを任せてもうまく回らない、というご経験はございませんか。

    これを読んでいる貴方もプロジェクトを効率よく回し、目標へコミットするマネジメント力でお困りで当サイトへ辿り着かれたのではないでしょうか。

    JPSではプロジェクトマネジメントという切り口でサービスを展開しております。なので、開発工程や業種業界に制限はございません。多種多様なプロジェクトへご支援させていただいております。

    まずは、今あなたが思っている「プロジェクトのあるべき姿」に近づけるため、プロジェクマネジメントの専門会社に相談してみませんか。JPSがどのようなお手伝いができるのか、一緒に考えさせてください。

    具体的にアサインを想定したプロジェクトはなくとも、お話することでご支援の形が見えたというお声もいただいております。

    お気軽に下記よりお問合せくださいませ。