• プロジェクトマネージャー対談2
Interview

プロジェクトマネジャー対談

JPSで得られる成長についてプロジェクトマネジャーによる対談形式のインタビューです。
プロジェクトマネジャー対談

JPSに入社して成長したところ

海老原:

お客様先で仕事をする事が多い環境のため、基本的に会社に出社するという概念がないことや、ベンチャー企業特有の良い意味で何でもありという雰囲気、自由度の高さに入社当時はとまどいを感じた部分もありました。

藤原:

自由度が高いという事は、仕事をする上で自分自身の裁量も大きい半面、何事も主体性を持って取り組む事、自分で考えていく事が必要ですよね。待ってても時間だけが過ぎてしまうから。今までもそうしてきたつもりだけど、自ら目標を設定し、それに対して何が必要で、何が足りないのかを考えるくせがついたかもしれません。

海老原:

以前の会社では、案件が形になった部分から携わっていたため、決まった案件に対しタスクを整理し実行していく仕事の進め方でした。JPSでは営業活動から始まり、案件を形にする所から携わります。大変な事もありますが、やりがいを感じる部分でもあります。

JPSは上司部下の垣根がなく社長ともフラットに話が出来る

JPSは上司部下の垣根がなく社長ともフラットに話が出来る

藤原:

クライアントとの交渉や契約関連、費用対効果、工数積み上げ、先方の予算などを加味した見積作成なども含めて、こうして未経験の事でもひとつづつこなしていくうちに、できる事が増えていく事は嬉しいし自信にもつながります。

海老原:

未経験の事には不安を感じますが、とりあえずやってみようというチャレンジ精神を持てるようになった気がします。自分に裁量を任せてもらえる分、責任も伴いますが、自分が思っている事に対し、会社がそうしよう!と方針転換が即決で行われたり、しっかりと意見を聞いてもらえる環境がJPSにはあると思います。

藤原:

JPSの良いところは、上司、部下の垣根がなく社長ともフラットに話が出来るところですね。あとは、基本的にはお客様内でお仕事をすることが多いですが、私たち自身の業務は比較的働く場所の自由度が高く、決まった時間に決まった場所に出社しなくてもよいところも働きやすいですね。

プロジェクトマネジャー紹介

海老原 和幸(えびはら かずゆき)

海老原 和幸(えびはら かずゆき):

独立系SIベンダーにてプロジェクトリーダーとして、基幹系システム構築チームなど多くのシステム開発プロジェクトに従事。 システム統合の大規模プロジェクトではBCP対策の策定に貢献。 プロジェクトのWBS・ガントチャートを用いたタイムマネジメント、課題管理、リスクマネジメントを手掛け、早期に問題を検知・解消することで予定通りプロジェクトを遂行し、成功に導いた。 その後、PMOまたは部門PMOとして品質管理、障害管理を担当し、 問題の検知・改善活動に貢献。 また大手ITパッケージベンダーにてPMとしてプロジェクトをリード。プロジェクトマネジメントの重要性を顧客に伝え、実践的にプロジェクトの課題や問題解決に貢献している。
藤原 祥博(ふじわら さちひろ)

藤原 祥博(ふじわら さちひろ):

大手鉄鋼メーカーにてシステム企画/開発チームの統括責任者として、流通システムの開発プロジェクトを遂行。その後、大手銀行の情報システム部⾨にてCRM、住宅ローン、マネーロンダリング検知等の⼤規模開発プロジェクトにPMとして多数参画。プロジェクト全体の意思決定を行い、プロジェクトを確実に成功に導いた。 前職の大手外資系コンサルティングファームでは、ITコンサルタントとして、ITガバナンス、コンプライアンスを専門領域とし、企業のITリスク軽減を⽀援。現在はこれまでの経験を活かし、多くのクライアントのプロジェクトコンサルティングを行っている。