Interview

プロジェクトマネジャー対談

プロジェクトマネジメントはこれからどこに向かい、JPSはどんな価値を提供していくのか、プロジェクトマネジャーによる対談形式のインタビューです。

プロジェクトマネジャー対談

実行支援の事業をJPSで本格的に開始してから3年目に突入しました。

倉林:

まずはここまでお仕事を頂いた皆様に本当に感謝です。振り返ってみると、事業を始めた時には、全く考えていなかった価値の提供も行うことができました。中期5か年計画の策定をご支援させて頂いたり、新規事業立上げを構想段階からご支援させて頂いたり。事業立上げの際は決まったプロジェクトをマネジメントするご支援から始めましたが、今では「創る(企画」「回す」「渡す」の3つのフレームでのサービス提供ができるようになりました。ITソリューションは立ち上げて丁度もうすぐ1年ですね。

藤原:

ITソリューション部は、紆余曲折がありながらも、お客様に当社のプロジェクトマネジメント支援の価値を理解してもらい、軌道に乗り始めたところです。個別プロジェクトのご支援、部門PMOとしてのご支援、ITサービス事業の立上げ支援など幅広い領域でお仕事を頂いています。

プロジェクトマネジメントの重要性の認知が世間に広がっていると最近改めて感じます。

倉林

倉林:

プロジェクトマネジメントの考え方やメソッドが、私が事業を立ち上げたころに比べると、随分と世の中に浸透した印象があります。IT以外の領域でも大型キャンペーンやコンタクトセンターの立ち上げなど、事業立上げのような大きなイベント以外でも色々なシーンでプロジェクトマネジメントの考え方が有効に活用頂けることが増えてきましたね。

これから日本の中では更にプロジェクトマネジメントの考え方が有効に活用頂けることが増えていくと思います。私たちが創業したのも、グローバルプロジェクトに参画した中で、元々現場力の強い日本がこのノウハウを有効に活用することができれば、もっともっと、日本は元氣になるんじゃないか?そう思ったところにきっかけがありました。

今、日本の景気が上向いている中で、多くの企業が投資して新しい価値の創造にチャレンジしています。そしてこのチャレンジの中には、必ず高いアスピレーション(大志)を持った方がいらっしゃいます。こういったアスピレーションを持った方や企業がどんどん素晴らしい価値を提供して、世の中がどんどん良くなっていく、

この達成を私は全力で伴走しながら、時には共に泣き、時には共に笑いながら目指していく、そんな事業にしっかり育てていきたいな、と思っています。

プロジェクトの達成には、現状を変える必要がありますね。

藤原:

多くのプロジェクトマネジャーは、先輩の背中を見て育ち、その経験をもとに見様見真似で行っています。故に7割のプロジェクトが失敗するという結果になっているのでしょう。当社の強みは、経験と知識を持った人材が価値を提供することです。

経験だけでも知識だけでも、プロジェクトのマネジメントは行えません。私たちのミッションは、豊富な経験とPMBOKの知識体系を有した当社のプロジェクトマネジャーがお客様のプロジェクト支援を行うとともに、お客さまにプロジェクトマネジメントの本質を理解していただくことだと思います。

基本的なスタンスは、「魚を釣ってあげるのではなく、魚の釣り方を伝える」ということです。そうすることで、お客様の中でプロジェクトマネジャーが育成され、多くの社会的価値提供が実現できるようになります。

倉林:

その通りだと思います。一時的な成果を上げるだけであれば瞬間的なリソースやコストの投入などの対応で達成を目指すことができますが、やはり私たちの役割は、私たちが参画することにより、プロジェクトが成功するだけでなく、その成果が実効的に機能して価値を提供され続けることでお客様の事業が継続的に拡大される、そのベースとなることだと思っています。

『ライ麦畑でつかまえて』のホールデンみたいですけれども、何かを実現したい、何かを創りたい!そんなアスピレーションを持った企業様や方たちが光り輝くところを支え続ける、そんな私たちでありたいと思っています。

  • プロジェクトマネジャー対談