ホーム » DX Support

DX Support

デジタルトランスフォーメーション(以下DX)とは、組織内の局所的なIT化を意味するものではなく、AIやIoTなどの先端的なデジタル技術の活用を通じて、デジタル化が進む高度な将来市場においても新たな付加価値を生み出せるよう、従来のビジネスモデルや組織を変革することを指します。
そのためには社内の抜本的な組織編制を伴う必要があり、部署やチーム単体で実現出来るものではありません。

経済産業省が発表した「2025年の崖」問題では、2025年以降最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性があると指摘されています。その主たる原因は「IT人材の不足」と「レガシーシステムが存在することによるリスク」。
これらを乗り越え、企業が競争に生き残るためにも、DXの推進が今求められています。

DXを本格的に展開するためには、DXの基盤となる、変化に追従できるITシステムの構築、レガシーシステムの刷新が必要です。
DXを推進する上での課題として以下が挙げられます。(※経済産業省発表資料より)
・レガシーシステムの問題点を把握し、いかに克服していくか、経営層が描き切れていない
・レガシーシステム刷新に際し、各関係者が果たすべき役割を担えていない
・レガシーシステムの刷新は長期間にわたるため、コストが増大するリスク
・ユーザ企業とベンダー企業の新たな関係の構築が必要である
・IT(DX)人材の不足

上記の課題を解決しDXを推進していくために最重要な人材スキルが「プロジェクトマネジメントスキル」であるものとJPSは考えます。
JPSはプロジェクトマネジメントの専門会社として、JPS標準のスコープ定義、プロジェクト計画をベースにして、短いサイクルで成果を出せるよう、御社のDX戦略の推進を支援致します。

・プロジェクトスコープ定義
・シンプルで機能的な体制構築
 (意思決定ライン、役割と責任範囲、会議体設計)
・プロジェクト計画
・ベンダーコントロール